Internship

インターン研修 岩﨑航大

TOP > インターン研修

No.36~40
No.31~35
No.26~30
No.21~25
No.16~20
No.11~15
No.06~10
No.01~05

<No.39>國學院大學1回生 岩﨑航大

私がとかしき事務所でインターンをさせて頂こうと思った最初のきっかけは、大学で単位として認めてもらえるからという単純な理由でした。そこで、地元吹田から活躍されているとかしき先生にお世話になろうと思って電話をしたところ、多忙にも関わらず受け入れて下さいました。まさに人生が変わるような経験をさせていただけるとは考えてもおらず、今では感謝の気持ちでいっぱいです。

このインターンで一番感じたことは、政治家とは「年中無休」ということです。とかしき先生は世間で思われているような「楽で高給取り」という政治家のイメージとは程遠く、国会閉会中にも関わらず毎日忙しい日々を過ごされていることを実感しました。

 私は大阪事務所と東京事務所の両方でお世話になりましたが、どちらでも毎日が刺激的なインターンでした。
 大阪事務所での最初の活動は、1日15カ所以上にも及ぶ夏祭りの挨拶回りでした。地元の方々とのコミュニケーションも忘れることなく、常に笑顔で行動する代議士の姿に、とても驚きました。国会議員は東京での活動が多いからこそ、吹田・摂津の方々から選ばれているという意識を常に持たなければいけないということをおっしゃっていました。いつも謙虚な姿勢で臨む大切さを、まさに代議士の背中から教わりました。
 東京事務所では、国会議員として、あるいは環境副大臣としての活動に同行させていただきました。環境省や議員会館でもいろいろなことを経験しましたが、一番印象にのこっていることは、文章の構成についてです。代議士は、聞き手がメモを取りやすい文章にするようにと、いつもおっしゃっていました。常に広い視野でみることの大切さを学ぶとともに、私自身も大学のレポートなどでしっかり実践していきたいと思います。

 そして、代議士からは「迷ったときは、難しいと思った道を選びなさい」と教わりました。「成功したらそれで構わないし、間違えたら判断基準になるから」ということです。若いうちは失敗するべきとはよく言われますが、代議士から直接言われた言葉には重さがあります。この言葉を心に、何事にも挑戦していきます。

 最後になりますが、このインターンではたくさんの方々にお世話になりました。代議士をはじめとするとかしき事務所の皆さんにはもちろん、吹田市議会議員や環境省の方々にも面倒を見ていただき、大変幸せで有意義なインターンとなりました。大学一回生という早い時期に社会を学べたので、これからの大学生活や自分の将来を考える良いきっかけにもなりました。大学でしっかり勉強し、いつか恩返しができればと思っております。ありがとうございました。