Internship

インターン研修 相楽美緒

TOP > インターン研修

No.36~40
No.31~35
No.26~30
No.21~25
No.16~20
No.11~15
No.06~10
No.01~05

<No.29>日本女子大学家政学部家政経済学科2回生 相楽美緒

 この二ヶ月間のインターンシップ活動を通してここでしか経験することのできない貴重な体験をさせて頂きありがとうございました。まず私にとって政治家の世界は今まで自分のいた世界がどんなに狭いものであったかを痛感させられたことから始まりました。外の世界をよく知らなかった私にこんなにも広い世界があるのだということを教えてくれて毎日がとても新鮮で多くのことを吸収させてもらいました。議員さんの仕事でとても印象に残ったのが、議員さんはとにかく「忙しい」という言葉がぴったりあう職業だと思いました。代議士は朝から晩まで勉強会に参加し休む暇なく活動していました。私もこの勉強会には何度か参加させてもらいましたが、飛び交う言葉がとても難しく多くを理解できなかったことを覚えています。その中でもかろうじて理解できたのは自分の学んでいるテーマについての議論でした。しかし、内容はとても複雑でこれを毎日聞いている議員さんは日々勉強をかかせないのだろうと感じました。この他にもお茶の出し方や礼儀作法、電話応対などの基本的なことはもちろん、パネル作りやレポートの構成法、プレゼンテーションの仕方、履歴書の書き方、自己アピールの仕方など渡嘉敷奈緒美議員のもとでしか学ぶことのできないことを経験しました。この中で私が一番印象に残っていることは、プレゼンテーションの仕方を学んだことです。まず、相手の年代を知りその場に合わせた服装から考える、そして相手が納得してくれるように相手にもわかるキーワードを使い分けて話すという分析の重要性を教わりました。この練習として最終報告会で発表するパワーポイントを代議士や他のインターン生の前で発表しました。事前に聞いていたのに実際やってみると自分では気付かなかった部分やまだ足りない部分が多々ありまだまだ体験を積み重ねなければならないと思いました。

 また、代議士の「人生において一人でも生きていけるような資格を取得する必要がある」という言葉に私は衝撃をうけました。大学の授業では社会で女性に対する差別が根強いことを学びこれから先どうしていけばよいのかと色々考えると就職に希望が見えなくなっている自分に気付き焦っていました。そんなときこの言葉を聞き、会社がどうであれ自分の足だけで立てるようになっていれば差別など怖くないと感じられるようになりました。今はなにも資格を持っていませんが、これから勉強し自己啓発を含め社会に貢献できるような資格を取得したいと思います。

 あっという間の二ヶ月間でのインターンシップは毎日が充実し多くの経験をさせてもらいました。これを自分の人生の中でこれからの将来に大いに活かしていきたいと思います。最後になりましたが、何の知識もない私をインターン生として迎え入れてくださったこと心より感謝申し上げます。至らない点が多々ありご迷惑をおかけしたことと思いますが、いつもあたたかく迎えてくれていたこととても嬉しかったです。代議士、事務所の皆さんこの二ヶ月間大変お世話になりました。そして、貴重な経験をさせて頂きありがとうございました。ここでの経験を活かしまたひとつ大きくなり今度は何かひとつでも社会に貢献できる大人になってお会いできればと思います。今後の渡嘉敷奈緒美議員のご活躍と健康に留意されますことを心よりお祈り申し上げます。ありがとうございました。