Internship

インターン研修 牧野佑亮

TOP > インターン研修

No.36~40
No.31~35
No.26~30
No.21~25
No.16~20
No.11~15
No.06~10
No.01~05

<No.17>慶應義塾大学法学部1年 牧野佑亮

今回のインターンは非常に有意義でした。自分がインターンに参加したのは地方議員の知り合いが出来、議員活動に興味をもった矢先にキャンパス前でICASのチラシをもらったことがきっかけでした。普段なら七色の虹がいかにもうさんくさいそれ系のチラシは完全無視ですが「議員インターンの案内です」の声に思わずUターンGETしてしまいました。そしてその日の内に説明会に行ったのです。普段テレビの視聴者プレゼントの案内を見ると毎回慌てて書き留めはしますが葉書は一度も出したことがないような自分にはありえない行動力(笑)。結果としてとかしきさんの下で勉強できて、やはり『動かにゃ始まらん』ということを強く心に刻んだのでした!「議員の仕事は実はすごい地味」という言葉は、今や「一人っ子のため甘やかされて育ち…」とか「家庭環境が悪いため非行に走り」みたいなステレオタイプ的な意見として巷でよく聞きますがはたして本当なのでしょうか?本当でした。ぱっとみ華やかで目立つとかしきさんの下での初めての仕事は封筒作りでした。単純極まりない仕事でしたがとかしきさんの話がおもしろかったので楽しめました。また単純な作業にもこつがあることがわかり勉強になりました。いつもからからと笑いながら楽しく仕事をしているのを見て『要は気持ちの持ち様』なんだと思ったのです。政治家になるとコツコツとした地道な努力が必要になるのではなく、地道な努力をいとわない人が政治家になれるんだと感じたのは議会を傍聴したときでした。議会では杉並区に住んでない自分にはどうでもよさそうな小さな問題が議論されていました。とかしきさんも役所が頭が固いため同じ問題を何年も訴えてきたと言っていました。 市民の小さな声を一つ一つ聞き取っていくという地道な作業が議員にとっての生命であり華やかさの下でそれだけ努力をしているのかと思うと目の前のミッキーみたいな声の議員さんも偉大に思えてきたのでした。私たちとかしきインターン生の活動の中心はとかしきさんが手伝っている『沖縄タウン応援団』としての活動でした。この活動に参加した当初は政治の活動とは架け離れてるんじゃないかと思っていましたが途中でそれが自分の勘違いだったということに気付きました。何も議員の活動は票集めにつながるものに限られてるわけではないのです。でも私たちはついつい政治家が視察とか研修とか市民活動に参加…と聞くと「おいおいちゃんと仕事してるのか?」と思いがちです(いや、私だけかも)。でも実際に政治家としての本分を全うしているのはそのような政治家なんだと思いました。それを教えてくれたのがとかしきさんでした。とかしきさんは自分の議員としての活動を清々しいほどさっぱり切って沖縄タウンの企画に力を使っていました。そして沖縄タウンを成功に導いたのです。この体験は僕の政治家への見方を大きく変えた体験でした。「そんなこと議員インターンじゃなくてもできらぁ」と思うかもしれませんが私はそうは考えません。私たちはインターン生として『一議員とかしき』の沖縄タウンの活動を見て支えてきたからです。これは「この企画に政治家が参加してるらしいゼ〜」「まじまじまじまじ〜?どの人さ?」「まじが多すぎ!あの全身トマト色の服のパワフル姉さんだよ」みたいなことを言っていたイベントの作業員とは決定的に違う部分でした。話に聞く名前は貸すけど何も関わらない〜みたいな議員の市民活動とは違う『ほんとに頑張る議員さん』をまぶしいほど直視できたのでした。実際会合ではとかしきさんの顔しか見ていなかったので他の人の顔がへのへのもへじです。残念。とかしきさんの行動力にはいつも圧倒されました。例えば沖縄タウンの中でとかしきさんをある場所で見てから別の場所に移動するとそこにもいます。あれ?最短ルートなのに…「とかしきさんは三人いる」と今でも和泉明天街では囁かれていますが口先だけではなく人一倍動けるとかしきさんはすごかったです。おそらく作業スタッフでとかしきさんの頑張りを理解出来た人はほとんどいないでしょう。自分はどうかと言うと、もしとかしきさんに会う前にこのような企画に当日手伝いで入ったら「商店街は客寄せのために、議員は売名のためにお互いを利用した」としか思わなかったでしょう。「票集めに急がしい政治家がのんきに商店街で油売るわけあるか」と。この企画を通して私は演説や議会や後援会という活動以上に大切なことがあることを知りました。

とかしきさんのもとで多くのことを学べました。自分の自分でも気付かずに持っていた議員への固定観念を払拭できたことがよかったです!何よりも商店街の愚痴を言ったりと私たちインターンに自然体で接してくれたとかしきさんの下で議員のお仕事を肌で感じ取れて非常にエキサイティングでした。どうもありがとうございました。