Internship

インターン研修 菊池知美

TOP > インターン研修

No.36~40
No.31~35
No.26~30
No.21~25
No.16~20
No.11~15
No.06~10
No.01~05

<No.01>日本女子大2年 菊池知美

私はとかしき議員の政治活動を通して、社会というもの、社会で生きるということ、社会の一員であるということを学んだ。とかしき議員の毎日は挑戦であったが、彼女は決してあきらめず、最後までやり遂げる気持ちでいっぱいだった。率先して市民の横に立って活動し、そして実際に行動することで多くのことを伝えていた。特に沖縄タウンの活動では、話し合いだけでは商店街の人々と沖縄応援団の方々との一体感は生まれず、共に活動し協力することによってその人の本質や性格、そしてその人の良さを発見できることが分かった。このことは人と人とが共に生きていく中で、そして私自身これから生きていく上で大切なことだと思う。相手のことを理解すること、互いに話し合ってみること、そして共に活動していくことが相互理解につながる。また、自分だけの利益だけ考えていたら良い結果は生まれず、みんなにとって良い結果だからこそ、良い結果が生まれることを教えて頂いた。さらに沖縄タウンの活動では、様々な環境で生きる人に出会った。個々の意見を持ちながら、同じ目標に向かっていくと大きなものが出来上がることを感じた。

とかしき議員と活動してみて、失敗を恐れるよりも行動してみなさいということ、人生を精一杯生きてみなさいということ、口だけではなく行動で変えていくこと、色々な経験をするからこそ味のある人間が出来上がることを学んだ。行動をする前に決めるのではなく、やってみないと分からないことが多くあることに気付くことができた。また、とかしき議員はこれからもたくさんの試練が待っていると言う。ここまで活動をしていながらも、これからもまだ多くの試練が待っていると言うとかしき議員から、人は無限に成長できることを感じた。そのものさしを決めているのは勝手な自分自身なのだと思った。

社会は様々な人で成り立ち、貢献しあっていることが分かり、これから社会に出ようとしている私も、その一員として様々な人の恩恵を忘れないで精一杯生きてみたいと思う。とかしき議員が言うように、人生を振り返った時、苦労はしたけれども私の人生は楽しかったと感じられるように生きたい。